2005年07月18日

保護アイランド経験ってありますか?(毎日新聞より)

余録:「幼児期が幸福であれば、大人になっての…
 「幼児期が幸福であれば、大人になっての逆境に耐えられる」という。だが現実にはさまざまな事情で不幸な幼年期を送る子供は多い。では、そんな子は一生、幼年期の心の傷から逃れられないのか。むろんそんなことはない▲U・ヌーバー著「<傷つきやすい子ども>という神話」(岩波現代文庫)は、子供時代が人生を決めるという現代の“子ども時代教”を批判した本だ。子供たちは運命のマイナスをプラスにできる可能性に満ちた存在だというのがその主張である▲とはいえ昨今の胸のつぶれるような児童虐待を聞けば、どうしても子供らの心がその後たどる癒やしの道の険しさに思いが向かう。ヌーバーさんの本によると、そんな子供たちにとって、心の支えとなるような人の優しさや励ましに触れる体験を「保護アイランド経験」というのだそうだ▲芥川賞受賞が決まった中村文則さんの小説「土の中の子供」は、親に捨てられ、親類のすさまじい虐待を受けて育ち、不安定な内面を抱えたタクシー運転手の話だった。その主人公が過去の克服へと向かう結末で、子供時代のエピソードが語られる▲預けられた施設で、すねた主人公が善意の支援者の慰問行事を台無しにしそうになった時のことだ。それまでの体験で殴られるものと思っていた主人公の頭を職員の一人が笑ってなでてくれた。今は27歳の主人公は職員に改めてその時の礼を述べ、新たな暮らしへと踏み出していく▲むろんフィクションだが、悲惨な体験しか知らなかった主人公にとっての「保護アイランド経験」だろう。それが人生の扉を開くカギになる。ささいなことでも、子供の心には希望の灯をともすことができるのだ。そんな希望の「島」を連ねて子供らを守れたらと思う。

毎日新聞 2005年7月16日 東京朝刊
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/yoroku/news/
20050716ddm001070121000c.html


毎日新聞の余禄より。
なんだか、興味ある記事だったので。
「傷つきやすい子どもという神話」は読んでみたいです。
子ども時代の傷を乗り越えることができるっていうのは心強いことだよね。

私にも「保護アイランド体験」があるような気がする。
それは、ボランティアでであった人たちだ。

「人間って優しいものなんだな。
思いやりに満ちたものなんだな」ってことを
この時、私は肌で感じたから。
この体験は、私を救ってくれた。

私も誰かに、こういう体験をあげれる人になりたい。
それはとてもつよく思います。
posted by aico at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。