2005年07月18日

自分嫌いな子どもたち

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050718-00000000-san-soci
産経新聞より。

私も自分のことすきじゃないけれども、これは多いだろ。。。

何が間違ってるんだろう??
子どもたちを憂います。

私も学校は息苦しかったな。。。
posted by aico at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護アイランド経験ってありますか?(毎日新聞より)

余録:「幼児期が幸福であれば、大人になっての…
 「幼児期が幸福であれば、大人になっての逆境に耐えられる」という。だが現実にはさまざまな事情で不幸な幼年期を送る子供は多い。では、そんな子は一生、幼年期の心の傷から逃れられないのか。むろんそんなことはない▲U・ヌーバー著「<傷つきやすい子ども>という神話」(岩波現代文庫)は、子供時代が人生を決めるという現代の“子ども時代教”を批判した本だ。子供たちは運命のマイナスをプラスにできる可能性に満ちた存在だというのがその主張である▲とはいえ昨今の胸のつぶれるような児童虐待を聞けば、どうしても子供らの心がその後たどる癒やしの道の険しさに思いが向かう。ヌーバーさんの本によると、そんな子供たちにとって、心の支えとなるような人の優しさや励ましに触れる体験を「保護アイランド経験」というのだそうだ▲芥川賞受賞が決まった中村文則さんの小説「土の中の子供」は、親に捨てられ、親類のすさまじい虐待を受けて育ち、不安定な内面を抱えたタクシー運転手の話だった。その主人公が過去の克服へと向かう結末で、子供時代のエピソードが語られる▲預けられた施設で、すねた主人公が善意の支援者の慰問行事を台無しにしそうになった時のことだ。それまでの体験で殴られるものと思っていた主人公の頭を職員の一人が笑ってなでてくれた。今は27歳の主人公は職員に改めてその時の礼を述べ、新たな暮らしへと踏み出していく▲むろんフィクションだが、悲惨な体験しか知らなかった主人公にとっての「保護アイランド経験」だろう。それが人生の扉を開くカギになる。ささいなことでも、子供の心には希望の灯をともすことができるのだ。そんな希望の「島」を連ねて子供らを守れたらと思う。

毎日新聞 2005年7月16日 東京朝刊
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/yoroku/news/
20050716ddm001070121000c.html


毎日新聞の余禄より。
なんだか、興味ある記事だったので。
「傷つきやすい子どもという神話」は読んでみたいです。
子ども時代の傷を乗り越えることができるっていうのは心強いことだよね。

私にも「保護アイランド体験」があるような気がする。
それは、ボランティアでであった人たちだ。

「人間って優しいものなんだな。
思いやりに満ちたものなんだな」ってことを
この時、私は肌で感じたから。
この体験は、私を救ってくれた。

私も誰かに、こういう体験をあげれる人になりたい。
それはとてもつよく思います。
posted by aico at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今彼との最後のお話

2日ほど前に、別れ話をしました。

私が元彼が好きという理由で別れたのに、

今彼は、「気が変わったら戻っておいで」とやさしく言ってくれました。

泣かれることが予想されたので会わなかったのですが、
あまりにおだやかで、びっくりしました。

ふう。おだやかな時は本当、大人びたいい人なんですが。。。
時々、赤ちゃんになるので。。。予想がつかないんです。。。

これだったら、会ってもよかったかもしれません。
今彼をもっと信頼すればよかったと後悔しています。

こんなに愛してもらえて、私は幸せだったなと思いました。
どうしていつも、終わりにしか幸せって感じれないんだろう。

でも、二股かけられるところから始まった恋だけれども、
付き合ってよかったと今は、心から思えます。
これはすごく大きな心境の変化です。

私はとっても幸せ者です。
愛してもらえてよかった。
今彼と出会えてよかったと思います。
体も心もしんどくなってばかりで
後悔し倒しだったのに、
不思議なほど、そう思います。

うーん。人生ってどんなに汚くても、美しく終わるものなのかなあ。
posted by aico at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心が病み系の人との恋愛でも問題ない!

2日前くらいに、今彼と最後の話をしました。

元彼が忘れられないこと。
今彼は好きだけれども、一生一緒にいると思うにはつらいことがありました。

私は過去を振り切れず、今を幸せと思えないし
彼自身もそんな私に不安が大きくなるので、
一向に体も心もよくならないと思ったからです。

今彼を愛することができない私の心が別れの原因でした。

今彼はちょっと病みっぽい人でした。
ずっとそのことが悩みの種でした。
でもそれは別れた原因ではありません。

それで、このブログを作って、同じような症状の人を見つけて
情報をいただいていたのもあります。
協力くださった方々には、深く感謝しています。

それで、心の病のある人とつきあうことについて、思ったのは
やんでいることはそれほど、問題ではないということです。

だって、病んでようが、なかろうが、すきな人は好きな人だから。
一緒に苦しめることも、喜びになるはずだと思う。

でもね、私はなってなかった。
なんだか、強制されてるような、義務感で付き合うようになってて。
それで、幸せだって思えなくて。

だから別れたのです。
だから、彼が病んでる病んでないは関係がないと思います。

私の彼はいろんな心の病を抱えていましたが、
誰よりも真剣に私に想いを届けてくれました。

病んでいるから、困ることもたくさんあるけれども
そんなにそれ自身は問題ではないと私は思います。
そういう人を援助しながら付き合っていくことは難しいことですが、
愛してる人であれば、また喜びだなと思います。

そして、こっちが本気の真摯な愛を注げば、
一生かけて愛する気があれば、
だんだん回復していくことは間違いないと思っています。

だから、病んでいることはそんなに問題ではないと思っています。
posted by aico at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私って年下好みなの?年上好み?

私は付き合うのは年下が多い。
頼られると嬉しい。甘えられると役立ってる感がする。
要望されると懸命に応えようとする。

でも、先生とか先輩とか、付き合ってるわけじゃないのに、時々抱きついたいよーな、よしよしされたいよーな気がしてしまう。
これが既婚者だろうが彼女ありだろうが、そういう気持ちになるからヤバイ。
なんだか安心感あって優しい人がいると、甘えちゃいそうになるんだよねー(-_-;)困ったもんだよ。自分が危なくて、近寄れない。
別に恋愛感情があるとか、付き合いたいとか思ってないんだけれどもネ(^_^;)
本当は、年下に頼られるよりも年上に甘えたいのかも。と思ったり…

ああ、自分の事がわからないっす(>_<)

でも、先輩ならまだいい気がするけど、先生とかヤバイ気がする。
そんなことないかなあ(^_^;)
posted by aico at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。