2005年07月28日

次のステージへ

Tへの想いを胸に新たなブログを始めました。
よかったら覗いて見て下さい。

ブログが変わっても、相変わらずなんですけれどもね^^;


「あいこの恋のうた」
http://ameblo.jp/koinouta-ainouta/
posted by aico at 13:59| Comment(39) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

最後の記事になります。

このブログは、私と彼が別れてしまったのでいろいろ迷いましたが
更新をストップしようと思います。

私はこのブログで、大事なことは
「病んでるとか、病んでないとかではなく、その人のことを自分が愛してるかが大事」
だということを学びました。

見ず知らずに私に、コメントを下さった
Yuiさん
g-yokoさん
せのりさん
花梨さん
kiraさん
サコさん
DANTEさん
べるさん
えみりんさん
言ノ葉さん
秋姫さん
香川さん
ミウさん
chekoさん
麦さん
恋愛裁判官さん
にゃみさん
マースさん
名無しさん

貴重なご意見をありがとうございました。
暗闇のような世界で、だんだん世界が見えてくるような体験でした。

またTBして下さったブログ
ちぇりーにゃんさん
こころのお天気さん
バカの壁越えさん
ぼやきさん
あっかんべぇさん

私のつたない記事にTBありがとうございました。感謝いたします。

それからブログペットのあい。ありがとう。

このブログは、私も含めてだけれども、
心の病を持つ人とお付き合いすることになったり、
自分自身がそういうところあるけれども、恋愛したいな。
という人たちへのひとつの参考になればと思います。
私自身苦しみまくったので、同じ苦しみを背負う人に少しでも役立ててもらえたらと
思います。

身も心もいのちも日々削って私を愛そうとしてくれた
あなたとの日々をここに残します。

2ヶ月弱と短い期間でしたが、読んでくださったかたありがとうございました。
posted by aico at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめましての方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アダルトチルドレンと共依存

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4414429110/249-4438283-0652310
この本は精神科医の方が書いているので、ところどころ専門的ですこしわかりにくいがACを知る上でよい本だと思う。
中でも、私が参考になったのは、ACのタイプわけだ。

「家族英雄」「なだめ役」などACは家庭の中でさまざまな役割を演じるようになっていく。
それはまさしく私にあてはまることでうなずけた。

たとえば、人まえでは堂々としていて仕事ができる優秀な彼は「家族英雄」だったのかもしれない。
私のように、喧嘩のたえない家で育った子は「なだめ役」として家事をこなすようになったのかもしれない。

というように、なぜそういう行動になるのかが明記されている。

そして、彼の、いや私にもあるだろう。
底知れぬ不安、一人ぼっちになるという激しい感情の原因がわかった。

本によると機能不全家族に育ったために、「見捨てられ不安」が生じるそうだ。
それを埋める為には、真の自分ではない偽の自分を作って生きていくか
誰かに迎合し、依存的に生きていくかの2通りしかない。

これを読んで、彼の友達も仲間もたくさんいるのに、
「孤独だ。誰にも理解してもらえない」というのは、彼自身偽の自分で生きているところがあったからかもしれない。
私が、人にすぐ自分を預けてしまうのは、そうまでしても、確実な安心がほしいからだと思う。
それがわかったってどうなるわけではないけれども、少し冷静になれた。
彼の感情を真に受けなくてすんだのだから。
やっぱり、少し冷静になるためにも、
知識はすこしずつでもつけていったほうがいいと私は思う。

参考になるページ:トパーズの部屋 http://topaz.oops.jp/
posted by aico at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

また眠れずにこんな時間。。。

さっき何軒か私が以前読んだ本にトラックバックさせて頂きました。ありがとうございます。なかには素晴らしい書評もあり「世の中捨てたもんじゃない!」と希望が沸いた。つまりちょっとゲンキになったのですー(^-^)
ブログって私にとって「私は誰かとつながれる存在だ。また今は違っても未来につながれる可能性がある存在だ。」ということを認識できる場みたい。
それで少し落ち着いて…。はあ。よかった。不安の波まじ怖かったですもうやだ〜(悲しい顔)
おいてきた彼がますます心配。。。でも今戻って、元彼と会うチャンスを失ったら後悔してしまう。

でもなんだか、ブログの世界って独り善がりで自分勝手な気もする。
それとも私が相手をわかろうわかろうとして疲れてしまって、怒りに変わってるのかも。

とにかく、一時的にもすっきりしました。
でも、あんまり悩んではダメですよー(-_-;)
posted by aico at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログどうしようよ?

さっきまで、「病み系の人とのお付き合いや援助をテーマにブログする」といってましたが、なんだか不安なので、とりあえず、私が使いやすいように変えました。
でも、私もACだし、これからもこころのことを勉強していきたい。
だからあきらめたつもりではないのだけれども。。。

でも、ここには今彼(というか別れたからもう彼ではないけれども)
その人のころが書いてあるし、忘れたほうがいいから、閉鎖したほうがいいのかなと思ったり。だって、いつまでも別れた彼とのブログがあるなんておかしいでしょう?
今は、好きな人の笑顔に会いに行きたいんだよ。
でもね、あんまりにも今彼や元カノのことがあってから、いろいろ模索したけれども、
ACの概念と出会い、信頼してる人から裏切りにあい、で、ブログと出会って同じ想いを抱えた人と出会い。。。
不倫や彼氏じゃない人に恋愛してる人とか、つらくてせつない想いを見てきたら、
なんだか、さっぱりすべてを捨てれなくて。。。

ああ、やっぱりなんだか申し訳なくなってきた。
真鍋かをりさんも
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/blog/?1121855857
で、「人を思いやってブログをすることが大事」って言ってました。
私は人を大事にできてるのかな?
できてない気がする。

最近、ブログのそれが不安。
「こんなこと言って、画面の向こうの相手は傷つかないだろうか?」って。
なんだか、ブロガーさんと仲良くなると、相手のことをみんなわかったり、
共感しなくちゃって、時々その人のブログを読んでいて苦しくなるんだよ。

こういうところは、人付き合いも同じだな本当。
だいたいそうなんだ。
相手を思いすぎて、疲れてしまうんだ。。。。
いつまでこんなこと繰り返してんだろう。。。
私の気はいつ休まるんだろう????

とりあえず、ブログ歴6ヶ月の私は、いろいろまだ模索状態です。
気になる点はどうぞ指摘してください。
ではでは、よろしくでするんるん
posted by aico at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おそばせながらブログ紹介です。

はじめまして。こんにちは。
このブログにきて下さってありがとうございます揺れるハート
それから二度目以上の方もありがとうございます揺れるハート

このブログは6月から、心の病やACを自分自身のこととして語る試みとしてはじめました。

この中で、親のこと、ACのこと、心の病のこと、
恋愛やえっちのこと、好きな人のこと、彼のこと、子どもやACのニュースや本のことなど
いろいろ書いてみました。

結論として、心の病は恋愛するのに問題はないということに気づき、
私自身が今彼を想えていなかったことが問題であるということに気づき交際は終わりました。
いちおうこのブログの役目は終えたので、閉鎖すべきか迷っています。

このブログのこれからの使い方として、
@閉鎖する
AACや子ども、虐待、家族のニュースなど、気になる社会ニュースを取り上げる。
B病む人とのお付き合いをどうしていくべきか援助などのあり方を考えるブログにする。
C私の愚痴ブログにする。

などなど考えています。
私を含み、お付き合いしていた彼もそうでしたが、
ACであることや、心の病(人とは違う考え方や感じ方をもっている)だけで、
人間関係や恋愛に破綻がおきやすいということがわかりました。
そして、ますます自分を責めてしまい、殻に閉じこもったり、
逆に暴れたり、自分や人をむやみに傷つけたりということが起こっているように思います。
そういう状況をなんとか、変えていきたいと思います。
そのためにここを使うBが有力でしょうか。

そういうわけですが、これからもよろしくお願いします。
気になる点があれば感想気軽にお願いします。
posted by aico at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめましての方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安不安不安

不安。不安。不安。
今日お昼見た夢は手を食われそうになる悪夢だった。
今、楽に生きてるように見えて、不安でたまらない。
肩の力が抜けてるようで常に力が入ってる。しかし、がんばってるかというとそうでもない。
荷物を背負うでもなく下ろすでもなく。だから変に疲れてくる。生きる気力だけが減っていく。疲れた…。不安だ…。何もしてないのに。
ブログも最近、他ブログだけど仲良くしてくれる人ができた。
相手にも事情がある事を知ると、ブログに書く内容も気を使ってしまい、あんまり書けない。一体どうすりゃいいんだ??
泣くしかないのか??
つらいです(>_<)
なんだかわからんがつらいよーーー。
このブログも閉鎖すべきか、もう少し形を整えるべきか迷ってる。
でもこうやって、書くのは、誰かに見てほしいからなんだろうね。
一人でため込むにはつらすぎるから。
別れた彼は今ごろどうしてるかな?こんなつらい時、彼にはブログみたいな場所もないのに。
posted by aico at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

ゼロ以上にならない関係

私はわがままな女だと思う。
元カレは煙草を吸うし、避妊はしてくれないし、私より自分の趣味を優先するし私はそういうとこが我慢ならなかった。
で、次に付き合ったのは、そうじゃない人だった。煙草も吸わない(でもストレスでちょい病んでるけど(^_^;)、避妊もばっちり、趣味より私が一番の彼だ。
こんな人と出会えて超幸せなはずだよね?
でも私は一度も幸せだとは思わなかった。なんだろうな。彼といると自分のマイナスが埋まってゼロになる感じ。でもプラスにはならない。離れるとまたマイナスが始まって…彼と会って、それをゼロに戻す。それの繰り返し。そういう若者の話が香山リカさんの本にも書いてあったな。
なんだろうな。
寂しさは埋まるが幸せはないんだ。
そのあとは体のダルさが残るだけなんだ。
わかんないや。
プラスになるには、まずマイナスからゼロになって…それでプラスになるはずでしょ?
でも、ゼロ以上にはならない。
その前に、なぜ私はマイナスを感じるの?
自分が欠けた感じ。心の一部分がきえてしまったような感じ。喪失感。自己否定。なんだかそういう感じかするんだ。
欠けてる自分だって、別にいいはずなのにね。
posted by aico at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

自分嫌いな子どもたち

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050718-00000000-san-soci
産経新聞より。

私も自分のことすきじゃないけれども、これは多いだろ。。。

何が間違ってるんだろう??
子どもたちを憂います。

私も学校は息苦しかったな。。。
posted by aico at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護アイランド経験ってありますか?(毎日新聞より)

余録:「幼児期が幸福であれば、大人になっての…
 「幼児期が幸福であれば、大人になっての逆境に耐えられる」という。だが現実にはさまざまな事情で不幸な幼年期を送る子供は多い。では、そんな子は一生、幼年期の心の傷から逃れられないのか。むろんそんなことはない▲U・ヌーバー著「<傷つきやすい子ども>という神話」(岩波現代文庫)は、子供時代が人生を決めるという現代の“子ども時代教”を批判した本だ。子供たちは運命のマイナスをプラスにできる可能性に満ちた存在だというのがその主張である▲とはいえ昨今の胸のつぶれるような児童虐待を聞けば、どうしても子供らの心がその後たどる癒やしの道の険しさに思いが向かう。ヌーバーさんの本によると、そんな子供たちにとって、心の支えとなるような人の優しさや励ましに触れる体験を「保護アイランド経験」というのだそうだ▲芥川賞受賞が決まった中村文則さんの小説「土の中の子供」は、親に捨てられ、親類のすさまじい虐待を受けて育ち、不安定な内面を抱えたタクシー運転手の話だった。その主人公が過去の克服へと向かう結末で、子供時代のエピソードが語られる▲預けられた施設で、すねた主人公が善意の支援者の慰問行事を台無しにしそうになった時のことだ。それまでの体験で殴られるものと思っていた主人公の頭を職員の一人が笑ってなでてくれた。今は27歳の主人公は職員に改めてその時の礼を述べ、新たな暮らしへと踏み出していく▲むろんフィクションだが、悲惨な体験しか知らなかった主人公にとっての「保護アイランド経験」だろう。それが人生の扉を開くカギになる。ささいなことでも、子供の心には希望の灯をともすことができるのだ。そんな希望の「島」を連ねて子供らを守れたらと思う。

毎日新聞 2005年7月16日 東京朝刊
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/yoroku/news/
20050716ddm001070121000c.html


毎日新聞の余禄より。
なんだか、興味ある記事だったので。
「傷つきやすい子どもという神話」は読んでみたいです。
子ども時代の傷を乗り越えることができるっていうのは心強いことだよね。

私にも「保護アイランド体験」があるような気がする。
それは、ボランティアでであった人たちだ。

「人間って優しいものなんだな。
思いやりに満ちたものなんだな」ってことを
この時、私は肌で感じたから。
この体験は、私を救ってくれた。

私も誰かに、こういう体験をあげれる人になりたい。
それはとてもつよく思います。
posted by aico at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今彼との最後のお話

2日ほど前に、別れ話をしました。

私が元彼が好きという理由で別れたのに、

今彼は、「気が変わったら戻っておいで」とやさしく言ってくれました。

泣かれることが予想されたので会わなかったのですが、
あまりにおだやかで、びっくりしました。

ふう。おだやかな時は本当、大人びたいい人なんですが。。。
時々、赤ちゃんになるので。。。予想がつかないんです。。。

これだったら、会ってもよかったかもしれません。
今彼をもっと信頼すればよかったと後悔しています。

こんなに愛してもらえて、私は幸せだったなと思いました。
どうしていつも、終わりにしか幸せって感じれないんだろう。

でも、二股かけられるところから始まった恋だけれども、
付き合ってよかったと今は、心から思えます。
これはすごく大きな心境の変化です。

私はとっても幸せ者です。
愛してもらえてよかった。
今彼と出会えてよかったと思います。
体も心もしんどくなってばかりで
後悔し倒しだったのに、
不思議なほど、そう思います。

うーん。人生ってどんなに汚くても、美しく終わるものなのかなあ。
posted by aico at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心が病み系の人との恋愛でも問題ない!

2日前くらいに、今彼と最後の話をしました。

元彼が忘れられないこと。
今彼は好きだけれども、一生一緒にいると思うにはつらいことがありました。

私は過去を振り切れず、今を幸せと思えないし
彼自身もそんな私に不安が大きくなるので、
一向に体も心もよくならないと思ったからです。

今彼を愛することができない私の心が別れの原因でした。

今彼はちょっと病みっぽい人でした。
ずっとそのことが悩みの種でした。
でもそれは別れた原因ではありません。

それで、このブログを作って、同じような症状の人を見つけて
情報をいただいていたのもあります。
協力くださった方々には、深く感謝しています。

それで、心の病のある人とつきあうことについて、思ったのは
やんでいることはそれほど、問題ではないということです。

だって、病んでようが、なかろうが、すきな人は好きな人だから。
一緒に苦しめることも、喜びになるはずだと思う。

でもね、私はなってなかった。
なんだか、強制されてるような、義務感で付き合うようになってて。
それで、幸せだって思えなくて。

だから別れたのです。
だから、彼が病んでる病んでないは関係がないと思います。

私の彼はいろんな心の病を抱えていましたが、
誰よりも真剣に私に想いを届けてくれました。

病んでいるから、困ることもたくさんあるけれども
そんなにそれ自身は問題ではないと私は思います。
そういう人を援助しながら付き合っていくことは難しいことですが、
愛してる人であれば、また喜びだなと思います。

そして、こっちが本気の真摯な愛を注げば、
一生かけて愛する気があれば、
だんだん回復していくことは間違いないと思っています。

だから、病んでいることはそんなに問題ではないと思っています。
posted by aico at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私って年下好みなの?年上好み?

私は付き合うのは年下が多い。
頼られると嬉しい。甘えられると役立ってる感がする。
要望されると懸命に応えようとする。

でも、先生とか先輩とか、付き合ってるわけじゃないのに、時々抱きついたいよーな、よしよしされたいよーな気がしてしまう。
これが既婚者だろうが彼女ありだろうが、そういう気持ちになるからヤバイ。
なんだか安心感あって優しい人がいると、甘えちゃいそうになるんだよねー(-_-;)困ったもんだよ。自分が危なくて、近寄れない。
別に恋愛感情があるとか、付き合いたいとか思ってないんだけれどもネ(^_^;)
本当は、年下に頼られるよりも年上に甘えたいのかも。と思ったり…

ああ、自分の事がわからないっす(>_<)

でも、先輩ならまだいい気がするけど、先生とかヤバイ気がする。
そんなことないかなあ(^_^;)
posted by aico at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

理想みたいに彼を愛していない私。

私は完璧主義なところがあるのかもしれない。
今彼を私が完璧に愛してない事が許せないの。
せっかく私の事を必要としてくれてるのに。
「私の理想通りにあなたを愛してないから別れる」なんて、ただの私のわがままなんだろうか。
今、私が大好きだという元カレでさえ、その思いに気付いたのは一年以上過ぎてからだった。
私はいつも、過去に対してしか、「完璧に愛してる」気持ちを見つけられない。
なぜだろう?
きっと今や未来は不安過ぎて愛する事ができないのかもしれないな。
posted by aico at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

私ってなんだかんだ言っても幸せ者じゃん!!

今日チャット友だちとお話してた。

久しぶりに恋バナしました。
今まで、恋バナできる人もいなくてね。。。つらい日々でした。

それで思ったんだけれども、
人に話すくらい恋ができててよかったなあって思って。
なんか、元彼とも、今彼とも私付き合えてとっても幸せだったんだなあって
あらためて思いました。
うーん。超しあわせなやつだ。
両方とも超いい男だしねえ。両手に花ってやつじゃん。

それに、ネットとはいえど、想いをわかってくれる友ダチもできた。

なんだかんだで、超しあわせ者なんじゃん。

つらいことあっても、それを取り返すくらい、楽しいことになってるじゃん。
なあんだああ。って思ったよ。
私、とっても、「今」しあわせです。

いま、しあわせになってるよ!!
posted by aico at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢にまで見た彼が!!

元カレが私が帰りたかった場所に今もいる。。。

あの場所にいるんだ。

そのことを今日確かめてきました。

彼に会ったわけではないのにトキメキがとまりません(>m<)
posted by aico at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 元カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう会わないって言うだけなのに。

あああ、今カレに電話しました。
「もう会わない。電話もしないで、メールもしないで。」っていうだけなのに、
ああああ、超動揺しました。。。。

ああああだめだああ。これではあああ。。。。
あああああ、今カレが気になるうううううう・・・・。
posted by aico at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった一通のメール

あなたは手紙を書く人ではなかったし、別れてからあなたからもらったメールはすべて削除してしまったので残ってません。
でもたった一通だけ、別れる少し前にもらったメールの本文が今も携帯に残っています。
それを読むと、泣けてきた。どうしてあの時、あなたは精一杯の気持ちを言ってくれたのにたいした事だと思わなかった私は馬鹿だよね。
何が大事だったというのだろう?
あなたがいなくては輝く事さえできないのに。
学歴。社会的評価。就職。常識。親の期待。それから自分の夢や理想世界。そういうものを当たり前に大事にした私。
あの時、あなたとあなたといれたあの環境こそが一番の宝物だってどうしてわからなかったんだろう?

posted by aico at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 元カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなただけを想える幸せ。。。

気持ちがあの夏に戻る。T(元カレ)と共にあった日々が蘇る。
それは現在じゃないというのはわかるけど、私の中で過去の思い出にもならない。ふしぎな感覚がする。
ただこの夏の風のにおいも、湿気も、暑い日差しも、緑も、空の色もこの街の景色も、何もかもがあなたといた日々を思い起こさせる。
今彼とも別れちゃったよ。
でもこのまま、あなたを思って死ねたら私幸せかもしれない。いや世界一幸せだナ。

最近、「失恋」「忘れられない恋」などのサイトや本を探すようになった。これは大きな変化だ。やっと、「これは失恋でTは私の忘れられない人なんだ」という事を認めれるようになったのだろう。ここまでくるのに二年以上かかってしまった。
探してみてわかったのだけれども、私みたいな想いの一つや二つ持ってる人は山ほどいるってこと。
私が見つけたサイトや本が、不思議と私を癒してくれてる。
たぶん共通した想いに触れ、Tへの想いを無理に殺す事はないのだと思えたからだと思う。
過去に生きていてはいけないとは思うんだけどネ。
寂しがり屋の私はまた誰かと付き合ってしまうかもしれないから、あなただけを想える時間がとても貴重で幸せだよ(^-^)
posted by aico at 03:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 元カレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

いまここを幸せに生きたいよ。

私の幸せはいつも過去の中にある。
あとになって、失ってから、幸せだったって思う事が多い。
後悔と未練ばかりで。
それも、その後悔を産んだ選択は「将来幸せになる為に」決めた事だ。それなのに、やりたい事我慢したから余計にストレスたまって病む。もちろん幸せはない。
今、ここで幸せになっていきたいのに。
過去に幸せがある。おまけに今を将来の為に犠牲にして、そこまでしたのに将来の先には幸せになってない現実がある。おかしいぞ?
私の生きる姿勢に問題ありなのか?
視点がいつも過去に向いてるから?
今を将来の為に犠牲にしてるからか?
私の幸せはいつも過ぎた過去にあり、未来は不安に覆われて暗い。その暗さに「今」がくいつくされる。
なんなんだよ?これは。なんかおかしいぞ?
posted by aico at 04:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。