2005年06月20日

恋愛依存症診断やってみた。

http://homepage3.nifty.com/tassi/p-4-9.html


診断結果…恋愛依存症です。

ちょっと危ないタイプですね〜。
どんなに好きでもどーしようもない時は
どーしようもないからあんまり追ったりしすぎると…
(××)だったり。
恋愛以外にも楽しいことはたくさんありますよ〜。

やっぱりちょっと危ないよね><
うーむ。何か恋愛以外に打ち込めるものを探したほうがいいってことみたいだな…。
それができたら苦労はないけども…。
posted by aico at 21:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ネット診断・占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛依存症の本紹介。

ラブ.jpg
ラブ・アディクションと回復のレッスン―心の中の「愛への依存」を癒す
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN
/431386007X/ref=pd_sim_dp_2/249-4438283-0652310

恋愛依存症の本です。
これは私が自分の恋愛がちょっとおかしいなと思い始めた時に出会った本です。
愛してる人が一瞬にして憎らしい人になる。
そんな自分が怖くて原因を探していたころに読んだ本です。2年前の今頃かな。
私は実はまだACなのかな?って思って2年くらいだから
まだまだ新しい人なのかもしれない。

なぜ恋愛相手に執着していくのかそのメカリズムがあきらかになっています。
図書館で借りたのだけど、また読んでみようかな。

他の本でももうすこし、私読んでいった方がいいのかも。
このあたりの本で難しくなくて、いい本をご存知の方はよかったら教えて下さい。
お願いします。
posted by aico at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この底知れぬ寂しさはどこからくるんだろう?

彼が「一緒に幸せになりたいと思ってるの?」ときいた。
私はそんなこと、できるはずないって思ってる。
でも別れないのはなぜか?
それで考えたのだけど私としては、あきらめてるとこがあることに気づいた。
もう彼とは何度別れてもよりが戻るからもうこれは仕方ないというか…。
彼次第といいますか…。
これでは私、幸せなはずないよね。

西原理恵子さんの「上京物語」に
一人で暮らしていても、どうしても男の人を家に住まわせてしまうっていうシーンがあった。
無職で何もしないような男性を、自分で家にいれてしまうっていうお話。
「弱いな…私」って主人公がつぶやくのだけど
印象深かったなあ。

あの姿は私だったんだね。
私は寂しいから、絶対彼が来たら拒めない。
彼が私を頼ってきたら拒めないよ。

一体この底知れぬ寂しさと不安ってなんなんだろうね。
今はまだ、お金だのなんだの絡んでないからまだいいけども。
彼と別れることができても、これでは先が思いやられる。
また同じことの繰り返しだ。
彼みたいな人とお付き合いをするんだろうな…。

彼の影響力は本当に大きい。
でもどんなに大きくてかなわないとしても
私が私を放棄せず、私を最後まで手放さず生きていけますように。
彼に支配されない、まわりに支配されない生き方ができますように。
posted by aico at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

彼が冷たい。私に興味がないみたい…。

彼が冷たい。
私に興味が薄いみたい。
なんだかそれだけで腹立たしい。
普通はそうなんだよね。そんなものだよね。でも今までそんなことなんてなかったから、
腹が立って仕方ないみたい。
そんなこと、本当、初めてだよ。
みなさん驚きかもしれませんが、彼が私に興味ないみたいなんて初めての出来事です。
仕方ないとは思うけどね…。
お金ないし、あちこちいけないしね…。
でも他の女の子といるのはいやとか、無理な話だよね…。
それでもって、自分の時間はほしいとかさ。
私がわがまますぎた。

本当にほしいものはなんだろう?
これさえあれば、私はいいんだ。っていうもの。
それさえあればいいというものがあれば、意味なく彼を傷つけることもない。

彼と一緒に幸せになりたいかなんてわからない。
ただおいていかれるのは嫌。私だけ不幸になるのは嫌。
だから、彼を彼女と行かせたくはなかった。
よく考えれば私だって彼にひどいことしたんだよな。
彼はよく私のこと信じてくれたもんだよね…。

もっと、自分をみつめなくちゃ。
彼が喜ぶか否かで自分の存在を量るのは、彼に振り回されるよ。

それで、前回も失敗したんだから。

彼がどう思おうが、私は私として価値がある。
結局私はここから抜け出れてない。
彼次第じゃない。私次第だ。
いつでも、幸せや価値を感じるのは、私。
だから、彼にもたれることはない。彼の機嫌を伺うことはない。

もっと深く自分を見ていこう。
彼じゃないんだよ。彼が私の価値を決めるのではないんだよ。。。
posted by aico at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼といてもイライラ。

彼が話しをきいてくれない。
ちょっといらいらするね。こういうのって。

私がわがままになってきたこともあるかもしれないけども。

いらいらするなら一緒にいる時間を短くしたほうがいいのかもしれない。

彼は一緒にいる時間を多くしたい派だけど、
私はイライラするし、それに話をちゃんときいてもらえないと余計にイライラするんだ。
はあ、困ったな。

彼氏は、自分が言ったことは絶対私にやってほしいみたい。
だから、毎回言うしね。
絶対自分が心地よくあることを譲らないし…。
困ったよ…。
ああ…落ち込んできた…。いい面もあるんだから落ち着こう。
posted by aico at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

友達を裏切ったことをこれ以上責めるのはやめよう。

友達を裏切ったのは悪いことだけども、
これ以上自分を責めてもいいことないからやめよう。
これから同じことを繰り返さないように原因を追究しようと思う。
人の彼をとるなんて、そんなこと、私はできる子じゃない。
でもそのときはしてしまった。
ただ信じてた人に裏切られて悔しかった。行き場がなかった。寂しかった。
自分だけ不幸になるなんて許せなかった。みんな不幸になればいいと思った。
幸せじゃないけども、自分だけが惨めになるよりずっとよかったんだ。

でもね、今思うと、それはAC的な要素もあるから
自分が悪かった…、悪かった…と思い続けて自分を痛めつけることに出口はないよ。
自分が余裕がなくなったり、追い詰められるとそういう人を突き落としても平気なことをしてしまうことを把握すること。自分を知ることが大切だと思う。

それから、一人になったことがよくなかったと思う。
うまくいきずぎて、「私は一人でも大丈夫」なんて思ったけど、それは間違いだった。
私はたくさんの人の支えや優しさでできていたのに。
全部自分の力だと思ってたの。
だから、その人たちから離れたら本当に弱かった。
だから、今支えてくれる人を大切にする。

あと、友達は作ろう。
いろんな立場で、いろんな考え方の人を。
あちこちに。一箇所に固まらずに。
そうすれば、一人になっておかしくなることはないでしょう??
私は一箇所しか友達がいなかったから。
そこがなくなったら一人になってしまったんだよね。
だから寂しくて、こんなことしてしまったんだ。

《まとめ》
@自分の傾向を理解する
A自分を支えてくれる人を大切にする。一人で生きていけるとおごらない。
B場所の違い・立場の違い・さまざまな考えをもつ友達を作る努力をする。

posted by aico at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

悲しむことは悪いことじゃない。

悲しい事は悪い事じゃない。
悲しむ事は相手との関係を考える事だから。
悲しむということは、亡くしたものの価値を感じてるときだから。
その亡くなったものの尊さを感じることができるからこそ、
また新たにそこから価値を創っていこうと思えるんだ。

私は自分をごまかしすぎて
自分でさえだまされてしまってるみたい。
悲しいなら悲しめばよかったのに。
悲しむ事を恐れた。
違う事で自分の悲しみをごまかした。
そこからおかしくなったみたい。

posted by aico at 14:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

このままでいいんだろうか。

最近、彼は優しい。このままでもいいんだろうか。どんな道を選んでも私は私だから、きっと今みたいなことに巻き込まれなくても、こういうふうになっていたかもしれない。
それなら、今の彼でよかったのかもしれない。
つかの間の幸せ??
とにかく彼は会っている機会が多いととてもご機嫌だしおとなしいんだ。
でも最近はとってもいい子。
我慢させてるのかなあ。私も連絡とらなかったりするしね…。
posted by aico at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

いつかちゃんと人を愛せるようになりたい

いつかちゃんと人を愛せるようになりたい。
人を愛そうと努力してる彼みたいに。
私も一生懸命やるしかないのかな。
私はずるいな。彼を愛してるかわからないのに彼といる。
posted by aico at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局彼にあってしまった。

今日も結局彼に会ってしまった。
彼と付き合ってることが受け容れられないのに。

でも、愛されたいんだな。私って。すごく。えっちしてて思った。
だから彼と離れないんだ。その愛は諸刃の剣だとわかってるのに。
自分もまた傷つくかもしれないのに。
大切なものを失うかもしれないのに。

今日は彼のねばり勝ちだ。
会って、えっちする為なら、ありとあらゆる作戦を打ってくる彼の方が上手ってことだな。
メール、電話、メッセ。何度もする。
あってくれないと死ぬ。過呼吸。悪夢の話し。えっちな話し。を何度もする。

ああ、結局会うことになるんだよなあ。

なんか、仕事でもしてれば違うんだろうけども。

でも、このままでもいいのかなって思う自分もいる。
他の道を選んでいても、結局似たようなことになっていたのかもしれない。
だって、どこにいても、私は私だから。

私は愛してくれる彼氏を選んだ。
他のものは失った。
好きな人も、大事な友達も
ただそれだけ。
posted by aico at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

彼と別れない理由。

彼を見てるとかわいい。
守ってあげようって思う。
友達ができなかったことだから、なおさら大事にしなくちゃって思う。

そう。
友達や、好きだった彼氏との決別という意味もある。
私が彼と付き合っていたのは。

友達や元彼みたいに私は人を捨てないっていいたかったんだと思う。
そのパフォーマンス的な要素もあった。
彼と別れない理由に。

バカらしいよね…本当。
posted by aico at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰りたい場所

帰りたい場所がある。

そこへ帰れば、すべてが終わりますか?

許されることがありますか?

何もなかった平和なころへ戻りますか?

それともここで、戦わなければなりませんか?
posted by aico at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく書く!!

彼とはとっても気が合う。とっても優しい。そして彼もACっぽい。
わからない。とっても愛されたがってる。
彼といるのは自分が役立ってるように感じて、その時はとても居心地がいい。

でも、きっと終わりにしなくちゃ。
別れるとなるとまた大変だろうな…これ。
仕方ないか。
またぼろぼろになるのは。
仕方ないこと。

終わりにしないのなら、なんとか、友達のことを、背負って生きることを決めること。
なんとか、そのことを肯定的に受け容れるようになること。

私のしたことなんだから。

その過去に負けないこと。

負けないこと。
吐き出すこと??
ここに書いていけばちょっとはよくなるのかな…。

posted by aico at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達の彼氏。

私らしくないことをした時って、
どうしてこんなに落ち込むんだろうね。
私は、友達の彼氏を奪ったことがあるんだ。
なんでそんなことしてしまったんだろう。

それで、まあ本当に好きならいいと思うんだ。
でもなんか違うんだよね。
好きじゃないみたい。

ただ悔しくて。
悲しくて。
一人になるのが嫌だった。

彼は私のこと大事にしてくれる。
でも時々無性にイライラしてしまう。

こんなの自分らしくないって思う。
自分のやったことなのに、受けいれられない。
この事実とともに生きていくことができない。

彼と別れたら忘れられるのかな。
友達のことを忘れたらいいのかな。

いつもはそんなことはしない。
友達は大事。
すごくわかってたことなのに。
その時の私は好きな人にフラれたところで、すごく悲しくて。
友達は励ましてくれてたんだけど。
まだ、頑張らなきゃって必死だった。
なんでなんだろ。
心からの友達がいたのに、あれ以上に何が必要だったというのだろう。

広い世界に憧れて。
権威と地位に憧れて。
人の期待するような人になりたくて。
バカみたいだ…。本当。
posted by aico at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

私が自分がACかなと思ったわけ。

私が自分がAC(アダルトチルドレン)だと気づいたのは、2年前のこと。彼にフラれた時のことだ。その時も私の期待が重すぎて彼を苦しめていた。でも私は、自分を受けいれてもらいたくて仕方なかった。彼はとってもしんどい思いをしていたので、別れを申し出た。今思うと、大変な負担を彼に私はかけていたし、彼のいい分はあたり前のことだったのに、私は怒り狂った。彼を裏切り者だと思ったし、殺してやろうと思った。
愛してた気持ちが憎しみに反転した。
あまりにそれが大きく変化したので、私は驚いた。
それを異常だ!と思う冷静さがあったことにはまだ少し救いを感じるけども。
何をそこまで怒ってるのか、自分でもわからなかった。
ただ自分が止めれなかった。すべてを壊そうとしていた。
大事だったもの。大事だった彼氏。すべて壊れてしまえばいいと思った。

それからだ。
私が自分の異常性に気づいたのは。
心理学や恋愛について書かれた本をよく読むようになった。
「恋愛依存症」という本に、「子どものころの母を求める気持ちが、彼を求める気持ちに変わってる。だから、彼をなくしたことが大変な絶望感になってる」とあった。
それでね、私は子ども時代からくる心の傷。それがAC。見えない自分の中の子ども。

はじめは、認められなかった。ACだってこと。
だって私は両親ともにいるし、何不自由ない生活をしてる。
でも、よく考えると、ぽつぽつと忘れていた記憶があった。

共働きで寂しかった家庭。
学校行事にこない親。
がらんどうみたいな家。
過剰な親の期待。
長女だからと家事をやらされていたこと…。

そういうことが本当は嫌だったってことを私は意識しないようにしてた。

でもしっかり心の中に積もっていて、
この子がおお泣きしてたみたい。
私の中で。私が気づかないうちに。
だから私は、だっこしてあげた。
「今まで、気づかなくて、ごめんなさいね。」
って成長のないまま止まってしまった小さな自分を抱き上げた。

時々、自分をだきしめてあげようと思う。今でも。
posted by aico at 19:11| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰りたい…

帰りたい場所がある。普通の人は帰りたい場所がなくなってることがあるかもしれないけど、私の場合、まだかろうじて、残ってる。だから帰ればいいんだ。遠慮なんかいらない。自分が幸せになるのに、遠慮なんかいらない。
posted by aico at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がおおいに問題。

こんなんで人を愛せる日が来るんだろうか…。
彼が問題なのではなく、私が大いに問題。
posted by aico at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛がほしい彼

彼は愛されたい人。だから、一生懸命に私を愛そうとする。だけど、愛されたいから、愛してる人ってこんたんがみえみえでけっこうつらい。こんなふうに書くわたしはいじわるだ…。彼を愛してないのかもしれない。本当は愛されたいから、愛してくれてるわけで。本当は愛されたい人なんだ。それが痛いほど伝わる。彼はどんどん弱ってきてる。私にできることあるんだろうか。そっと離れた方がいいのもって思う。こんな自分は意地悪だ。人を犠牲にして安心を手にいれようとしてる。彼もかわいそうだ。なんでこんな奴になってしまったんだろう…。
posted by aico at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛がほしい人。

同じように、愛がほしい人を見るとほっとけなくなる。
でも、私だって愛が足りてるわけじゃないから、結局うまくいかなくなる。
posted by aico at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼のこと。

彼とは2年目のお付き合い。
別れたり、付き合ったりを10回は繰り返してる気がする。
自分と似てるから、別れてもまた戻る。
基本は慰めあいって感じ。だから一時的な安心はあるんだけど、3日と持たない。

こういうのって共依存っていうんじゃないのかな…。
勉強不足。もっと本読もう。

でもここ2年で幸せだった思ったことってあんまりない。
こんな付き合いやめたほうがいいことはわかってる。
posted by aico at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。